ちょっとイケてるマネージャーまとめ

・リーダーになったじゃなくて、部下からの信頼が必要。そのために、仕事ができることと、人間性。

・リーダーは部下に評価される側である。

・信頼を増やしていく。例えば困ってる時には助けてあげるとか。

・話が合わなかった時「いろいろあるけど、1つか2つは自分んもかんでるなぁ」とおもう。自責他責でかんがえない。

・ポジティブ思考でなければならない。

・積極的傾聴をすること。話の途中で自分経験やアドバイスなどはしないこと。自分のものさしを必ず持ってて、その体験談とかをしがちだが、押さえつけて最後まで話を聞く。考え方、気持ち、立場をよく聞くこと。

・Be(理念)Do(手段)Have(結果)

・CS顧客満足度よりもES従業員満足

・GetBetterでみんなと頑張る

・部下を引っ張るより夢を語って部下と一緒に頑張る。

 

・YesButは否定感がただようので、YesAndでいくこと。懸念点はアイデアを付加する。

・何をやるかではなく、なぜやるかで業務依頼をする。そうすると自分で考えてアイデアを出すようになる。

・馬が合わないやつにはラポール形成をする。まず相手に合わせる。ページングをする。

話題、目線、言葉、ミラーリング、でせっする。

共通の話題、目線の高さを合わせる、相手がよくつか合う専門用語、行動しぐさを真似る。

・ハラスメントに気をつけるんじゃなくてその前に信頼関係を気づくこと。

・話しかけられたら応じること。ダメならあとでこっちから話しかける。

・失敗は褒めよう。

・失敗の報告で保身はだめ。部下が離れていきます。困っている時に助けてくれるかどうか、未来を託すことができるひとかどうかを見ている。切り捨てるようなことをしたら距離を置かれる。

・発言しやすい会議の雰囲気づくりが大切。

・会議では発言しない人もバックアップする。

・会議が紛糾すると、人と意見が分離できない。人の意見に意見をいうようになって収集がつかなくなってくる。政治的、感情的に首を立てに触れなくなる。こういう時はホワイトボードに書き出すとれいせいになれる。

 

・単なる値下げのWinWinではなく、相手の会社お社是や理念からはいり、本当の意味でのWinWinをかんがえる。そうして長期視点でビジネスをツヅケテイクことができるようになる。

・論理のイエスだけでは不十分。

感情のイエス:この人は私の気持ちも汲み取ってもらえているとおもってもらうこと。

政治的イエス:相手の社内稟議も 考えてあげる。

・相手の会社のBeDoHave

・クライアントや、社内向けでも、自分の提案が自分本位になっていないか注意すること。相手の課題の企画なので自分ではないはず。とくにタイトルなど。

・守 基本を身につける

破 自分のやり方を見つける

離 自立する

・褒めるときは具体的に。いいねだけじゃだめ。

・弱点を指摘するといらつく。だから本人から言わせる。

「どこが弱いと思う?」で、言わせて、自分でいうたから頑張らないといけないと思わす。「それ癖だから、何度も言うかもしれないよ」と言っておけば事前了承になるから気が楽。そして、「ここんないいことがあるのにすごくもったいない。といって、「もったいない」はモチベーションが高まる。

ジョハリの窓。自己開示を広めると未知の領域と重なり、それが気づきになる。

・人の評価は結果とプロセスで。人が人を評価しないようにすること。

・できてないことに対して、なぜなぜをしても進まない。何をどのようにすればで尋ねる。未来志向にすること。なんで?と言ってしまった時には「ついなんでと言ってしまった。」とやめるように心がけること。

 ・タイムマネジメントではなくタスクマネジメント

・仕事はどんどん部下に任せよう。

・おやつの時間で情報共有するとよい。昨日やったこと、今日やること、困っていることを観察してタスクマネジメントとへとつなげていく。